OKAMOTO GROUPHISTORY       オカモトグループの歴史

すべてのはじまりは、
地元に対する愛でした。

1950年、日本が敗戦の深い傷から、まだ這い上がれずにいた時代に。
オカモトグループは北海道帯広市に近接した町で、小さく産声をあげました。
最初に手がけたのは、新聞販売所。次いで、燃料給油所、LPガス事業、車検事業、
さらにはスイミングスクール、飲食事業、フィットネスクラブ事業など、
その業域は拡大の一途を辿りました。

私たちがつねに事業の中心に置いていること。それは、地域の「くらし」を豊かにし、
ひとつでも多く、感動できる瞬間を創り出すことです。
すべての原点にあるのは、それぞれの地元への愛。

一人ひとりの生活を見つめ、ひとつひとつのサービスを磨き、
「オ!もしろさ」「オ!かしさ」「オ!げんき」を提供する。
創業から約70年。これまでも、これからも、オカモトグループは、
「オ!」と思えるくらしをお届けしてまいります。

1950-1989

1990

2000

2010

オカモトグループデータ
2017年度

事業所
529事業所
売上高
955億円
従業員数
4255