私たちはこんな事業をしています

『お元気様です!』これがオカモトグループ社内での挨拶です。
1950年に創業して以来「快適な未来生活の創造」という夢を追いかけ、気付けばいろんな事業をやっていました。お客様に喜ばれることを「おもしろ、おかしく」追求して、もっとフィールドを広げていきます。
「細心にして、大胆に」これからも変化に対応し、時流にあった地域社会に貢献できる事業に取り組んでいきます!

当社の魅力はここ!

夢を原動力に多角化経営
「事業の“るつぼ”」です

『足はたくさんあった方が安定する」をモットーに、様々な事業を多角化経営するコングロマリットがオカモトグループです。変化の速さもチャンスととらえ、短期のリスクを吸収しながら長期安定的なパフォーマンスを目指した「コングロマリット」は企業発展の必然形です。事業のいくつかは「こんな事業や店を育ててみたい」という社員の“夢”から生まれたもの。そんな夢を原動力にした新規事業は、今も生まれ続けています。「介護事業」「ソーラー事業」そして、ここ数年で広く認知されてきた「ジョイフィット」なども今、順調に店舗網を拡大しています。これらは夢を描いた社内の「言いだしっぺ」が、自ら実現したものです。

事業商品の特徴
魅力的な人材

「おもしろ、おかしく、元気よく!」
「人材の“るつぼ”」です

「おもしろ、おかしく、元気よく!」をモットーに…人間は、好きなことをやっている時が一番輝きます。時がたつのも忘れてついつい没頭しますよね。そして、そんな時は得てして素晴らしい成果がでるものです。だから当社には、仕事をおもしろがって、楽しく働いている社員ばかり。それが当社の特徴です。また当社には「失敗を許し、成功をほめたたえる」という社風があります。全員がのびのびと「お客様に喜ばれること」を追求しています。社外の人からは「おもしろい会社ですね!」と挨拶のように言われるようになりました。こうしたユニークな社風をさらに強めてフィールドを広げていきたいと考えています。

夢こそが推進力
「出る杭の“るつぼ”」です

「夢」こそ事業の推進力。夢を描き、実現しようとすることが、私たちの「仕事」です。「成果=能力×意欲の2乗×考え方」です。能力以上に意欲で、またマイナス発想かプラス発想かで仕事の成果が大きく変わるということです。社員が意欲を持って取り組めるよう「3KM」という幸福設計プログラムを導入しています。そして自分の夢実現に一生懸命取り組む「出る杭」は、引き抜きます(抜擢・登用)。夢に向かって惜しみなくエネルギーを注ぐ。そんな人材が大勢います。

社風・風土

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

オカモトは可能性の“るつぼ”です。
※【るつぼ】様々な物が入り混じっている状態。熱く激しい気分がみなぎっている状態。

オカモトには11の業種と100以上の職種があるまさに「仕事の“るつぼ”」です。
・店舗運営業務
・商品の仕入・販売
・販促企画の立案と実行
・新店・新規事業の立ち上げ
・業務のカイゼン推進活動
・スポーツインストラクター
・自動車整備士
・介護スタッフ  etc...