手話出前講座を受講
【株式会社オカモト】

公開日:2016年07月26日
カテゴリー:CSR

2016年7月25日に、弊社が運営する『とかちプラザ(帯広市)』にて手話手前講座を開き、
同館の職員含む35名が受講しました。


手話を言語として位置付け、普及を促すことを目的とした「帯広市手話言語条例」の制定に伴い、
同館を利用するろう者を想定し、快適に施設をご利用いただけますよう、手話の習得に励んだ所存です。


館長の黒川明彦は「市の施設で働く社員にこそ、まずは手話を学んでほしいと講座をお願いしました。
今後も受講を続けていきたいと考えています。」と話しました。


1379870-2
(写真)十勝毎日新聞社さまご提供


株式会社オカモトでは、今後も手話の習得に努めて参ります。

オカモトグループ一覧